PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

抗炎症① 腸のために、実は大事な消化力

先日、「病気の根本は慢性炎症」で

体のどこかに発生した炎症が、
実は飛び火をして全身を回って別のところで炎症を起こす


ということについて書いたので、
その対策を少しずつ。

腸は有害物質などの毒素がもっとも集まりやすい場所ゆえに、炎症を起こしやすい。
食べたものはここに溜められて体に入っていきますもん。

そして、免疫細胞の約7割がここに集まっているだけに、
やっぱり、第一に整えておきたいのですわ。
ええ。

46d1eae81edb80b4d49235937041e1ef_s.jpg

腸の炎症の引き金になるのは、ズバリ、

消化不足粘膜の荒れ

え? 消化不足?

粘膜の荒れはそりゃあ、ダイレクトに炎症に繋がるのはイメージできますが、
消化不足→腸の炎症
というのは、ピンとこない人もいるかも。

ということで、なんでか。

小腸で吸収できなかった未消化物は
大腸に送り込まれるとその未消化物が悪玉菌の餌となって
有害な物質やガスが発生します。

腸はそれらの物質やガスを毒素とみなし、
腸壁を守るために攻撃、つまり腸の炎症を引き起こします。



お肉を食べ過ぎて、おならが臭いし、なんだかお腹がイタイ・・・
なんて、あれよ、あれ。

思い返せば、下宿生活だった高校時代、
ほぼ毎朝食後、お腹が痛くておならが臭かった。
おまけに、肩こりがひどくて整体や鍼灸の治療院に通ってた・・・。

あの頃、お肉に限らず食べ物全般、
うまく消化できてなかったに違いない



まあ、そんなに極端じゃなくても、

食後になんだかお腹が張る
下痢・便秘をよくする

なんて場合にも、消化がうまくなされていない可能性が。
(別の原因の場合もあるけど。SIBOとか)

ということで、食べることに関して

・一度にたくさんの食事(消化力に見合っていない量)
・ひっきりなしの間食
・早食い

は 消化にとってNG❌

腹八分目でよく噛んで食べなさいっていうのは、
きっとこういうことでもあるに違いない。

そして、そもそもの消化力に自信のない場合は、
積極的に胃酸や消化酵素を足すべし。

まーったく自覚症状ないけど、
消化がうまくできていない人もいっぱいいると思います。
のでご注意を。



さて、血液検査をする際には、
ペプシノゲンI、Ⅱを検査項目にいれてもらうと消化力の目安になります。
検査の見方については、

どうぞ分子栄養学実践講座の
血液検査の読み方講座(無料)
をご参考に。

有機酸検査では、エラスターゼの値が目安。
わたしの2017年6月のデータは

消化酵素

やった、大丈夫!

と思うのは早計。500を超えるのが望ましいんだそうで。
やっぱり、消化力足りないのよ。



ということで、ウチの場合は、
胃酸分泌に 梅干しやレモン水(→こちら)を食事と一緒に。
消化酵素は今のところ Enzymedicaの

 7.jpg
  Digest Basic

を使用中。
目指せ、脱・慢性炎症!



ランキングに参加しています。
↓クリックが励みになりますヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

**過去記事 (ランダム表示)**




| ビタミンルーム | 14:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

血液検査の前には、水分を補給しておこう

昨日、今日、と朝晩が、めっきり寒い。
いよいよ大きなお掃除ごとは早めにしとかなきゃ


さて、
昨日は、分子栄養学の東京講座に参加してきました。

症例検討会に参加して、
アトピーの方の血液データを検討していた際に
尿素窒素の値が高めだったので、

「少し、脱水があったかも?」

と思って聞いたら、
検査の当日、クリニックに行くのに汗をかいたからかもしれない、とのこと。

「8月の暑い日だったから〜。」

え?
あら、そんなちょっとのことで??
なんて思いません?

隣に座っていた、内科の先生に確かめたところ、
実際、そんなもんでなっちゃうんですって!
(゚Д゚)

13dd6e57405719392ed1382559d7301f_s.jpg

脱水状態で検査をしちゃうと、
血液データを読むのが難しくなります。

例えば、
貧血の有無を見るような数値(赤血球数、ヘモグロビンなど)や
たんぱく質量をみる数値(総蛋白やアルブミン)

などが
血液濃縮によって、実際より高めにでます。
そうすると、
実際は貧血があるのに、
貧血と診断されなかったりすることも。

なので、

要注意!

検査の前には、適度に水分をとっておきましょう。


よく、婦人科とかの検査で、
貧血の項目だけ検査したりするけど、
それだと実際には、
結構、貧血がマスクされちゃってることもあるかも。

なんて、思ったのでした。


ランキングに参加しています。
↓クリックが励みになりますヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

**過去記事 (ランダム表示)**




| ビタミンルーム | 10:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

病気の根本は慢性炎症。肩こりも生理痛もストレスも 侮れず?!

4月のはじめの航空性中耳炎からの副鼻腔炎。

スッキリ治らず、急性から慢性に移行し、未だにひきずっております。

でも、はじめは週3回の通院が、
夏頃から月に2回の通院となっていたので、

よっしゃ、上向き

なんて思っていたのに、カビ・ダニ退治にいそしんでいたら!

悪化・・・○| ̄|_

掃除の際には、皆さまマスクを忘れずに。
なんらかの疾患をお持ちで免疫に自信のない方は、特に。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
慢性炎症といえば、最近 流行りの慢性上咽頭炎。

cat-1693795_640.jpg


自覚症状がなくても、
耳鼻科で診てもらっても、一見異常がないように見えても、
実際には炎症があったりする。

そして、実はそれが、

アルツハイマー病、パーキンソン病、糖尿病、高血圧、肥満、
癌、喘息、肝炎、炎症性腸疾患、過敏性腸炎、過敏性膀胱、関節リウマチ
めまい、肩こり、むずむず症候群、うつetc...

の遠因だったりして、
上咽頭の治療で、疾患が軽快したり消失したり。

なんてことは、
堀田先生の本に書いてあって

   

もしご存知なければ、ぜひ一読することをおすすめしますが、
その、慢性炎症のイタズラは、
ごく身近な、肩こりや生理痛でも引き起こされる!

というのを教えてくれるのがこちら。
「炎症回路」の活性化が多くの病気の発症につながっています

体のどこかに炎症があることで、肩こりや生理痛がおこったりするけど、
逆に、肩こりや生理痛が、他の炎症を引き起こしたりもする。

上咽頭じゃなくても、至る所が発信源となりうる。

慢性的なストレスやら、痛みやらでも起こりうる。

⊙ ⊙ !!

ほほほ、振り返った見れば
幼少時からずっと、形はかわっても
炎症がくすぶり続けていたのか、私の身体・・・(T_T)


いやいやいや、これからです!
ごく小さな不調を放っておいてはいけません
そして、
普段から炎症を起こしにくい食事と生活を心がけよう!!

ということで、

そのうち、
抗炎症の方法について知っていることをまとめてみます。


ランキングに参加しています。
↓クリックが励みになりますヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

**過去記事 (ランダム表示)**




| ビタミンルーム | 13:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT