PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どれが合うかな。

週末から、ちょっぴり体調不良。
あ、でも、今は回復しました(・∀・)

このところ、

お付き合いだったり、
子ども会仕事があったり、
で疲弊して、
食べ物がおろそかになったりしたから。

少々の負荷で体調が崩れるとは、
まだまだ、エネルギー不足なのだわあ(^-^;)

でも、焦らず少しずつ。
エネルギーを整えます。



この間、自然や あかりさんで
お試しに分けていただいたオーサワのブイヨン。

せっかくだから使う前に比較(*´~`*)

何を?

味じゃないよ。

波動が自分に合うのは、どれか、ね(〃▽〃)


DSCN9579.jpg

比較するのは、

・ムソーの野菜のおかげ
・大地を守る会のブイヨン
・オーサワの野菜ブイヨン

3つとも、それなりにこだわりがあるものばかり。
優劣じゃありませんよ。
あくまで、私と合うのはどれか。


結果、
オーサワのブイヨンが、一番わたしにエネルギーがあうものでした。

あら、
これまでメインで野菜のおかげを使っていたのに。
私にはハズレでしたのね(´∀`*;)ゞ



直観力のある人は、
きっと自然に自分にあうものを選んでいるでしょう。

頭でいろいろ考えすぎちゃイカン (>_<)
あれ?
直観力を磨きましょう、ってオチ? ww


こうやって、一つ一つ、エネルギーを整えていきまーす。




ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチ、ポチッ。 ありがとうございます✨ ヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

| バイオレゾナンス | 10:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

休日の朝ごはん

今年の冬からのウチの時々習慣。
休日朝は、

「みかん朝食」

早寝、遅起きをして
体をゆっくり休めて、
朝は好きなだけ柑橘を食べる。

柑橘だけ。

昨日の朝は、
グレープフルーツに甘夏、しらぬい、八朔。

P1000307.jpg

みかん朝食の目的は、体の弱アルカリ化。

エドガー・ケイシーの説によると、
柑橘類は酸性に傾いた体内環境を短期間で弱アルカリに戻してくれる、
んですと。

ルールは、
・柑橘系と穀物を同時に食べないこと。
・炭水化物は、柑橘系を食べる前後2〜3時間を空けてとる。

これは、
できたら一日置きに実行するのが理想だそう。
うちは1週間に1回だけだけど(´∀`*;)ゞ
成長期真っ盛り、食べ盛りのヒナ助さんがいるし。


って、ヒナ助さん、
みかんの他に何か食べたいなあ・・・。
といって昨日は冷蔵庫から作り置きの茎わかめを出してきて、
もぐもぐ食べておりました。

P1000317.jpg

が、炭水化物でないので、よし。


みかん朝食の日は、早めのお昼ご飯。
昨日のお昼は、

P1000325.jpg

これに、玄米を発芽させて炊いた酵素玄米。


今年の冬、インフルエンザにかかる気配も全くなく
元気に過ごせたのは、このおかげかも?
週に1度ぐらいなら、成長期の子供でも心配ないように思います。

ヒナ助さんも、

「スッキリしていい感じ。」

といってますしね。
なんてったって、休日ぐらい骨休めしなくちゃ〜。



ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチ、ポチッ。 ありがとうございます✨ ヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

| Health and..... | 10:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年の花粉症の乗り切り方

新学期が始まって、
桜が咲いて、
雪がふる。

この2、3日の寒いこと( ̄▽ ̄;)

でも、この週末はお天気に恵まれるようで
そろそろ満開のこの辺りの桜も楽しめそう♪

さて、
春休みから新学期スタートまでのバタバタもひと段落し(やっと!)
スギ花粉の時期も もうおしまい。
ということで、
今年のヒナ助さんの花粉症の状況を振り返り〜。
(うちは、ヒナ助さんだけが花粉症。花粉のIgE値はクラス6)



しょっぱな、
いきなりの反応がきたのが3月7日。
この時の花粉の量と反応についてはこちら(→花粉への反応、きてしまった)。

この日はハーモナイズでほぼ鎮静。
でも、その数日後の夕方、目に若干の反応ありまして、
レヨコンプでホメオパシーのレメディとの共鳴反応を確認したところ、
ベラドーナがいい感じ。

ということで、
この日から朝晩レメディを1粒ずつ。
そして、2月末ごろから、
毎朝ビタミンD(2000IU)を摂取しているのに加え、
反応があった日は、夜にビタミンD(2000IU)を追加摂取。

P1000297.jpg

そして、朝起きて、
なんとなく反応が微妙だなと思う時に、
日中、ハーモナイズを1時間ほど(遠隔で)。



これで どうだったかというと、
3月7日以降、強い反応があったのは1回だけ。

3月22日の夜中1時ぐらいに、
寝ていたヒナ助さんが、
「鼻が詰まった・・・。」
といって起き上がったこと。

この時だけは、夜中にさらにビタミンDを追加しました。
でもそしたら、速攻鼻が通って、再びすぐお布団へ。
すごいゾ、ビタミンD

ちなみに、
このときの一番近い観測地点の花粉状況は、

23時   57 個/m3
24時  947 個/m3
1時  1016 個/m3

でした。
ちょうど夜中にいきなり花粉の飛散量があがってるじゃん!Σ(゚д゚|||)
(家の中まで入ってきたのか? それとも、波動的影響?? (-_-;ウーン)



ということで、ともかく花粉時期終了。
ケアのトータルとしては、

・ベラドーナを入れたのは約1週間。
・ビタミンDを夜に追加したのは、5〜6回。
・そして、遠隔ハーモナイズをしたのは2回。



朝起きて鼻をかむ場面が何度かありましたが、
日中学校で鼻水がでることもなく、
わりとあっけなく終了。

これぞ、
バイオレゾナンスと分子栄養学の賜物(笑)
来年はさらに軽く済むかな〜✨
いや、
済ませます( -̀ω・́)و ̑̑




ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチ、ポチッ。 ありがとうございます✨ ヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

| バイオレゾナンス | 10:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビタミンDで、通行止め。

うちの庭の水仙のつぼみがふくらみ始めました。

DSCN9414.jpg

今日は小学校の卒業式。
来年の今頃はヒナ助さんも送られる方なのね。

観測値をみると
このところの花粉の状態は落ち着いているのに、
なぜか、昨日の朝からヒナ助さんにちょっと反応がでてる  ( ̄∇ ̄; アリャ?

原因は、少し思い当たるフシはありますが、
まあ、おいといて、
ビタミンDとアレルギーの件で、気になる情報を見つけたのでメモ。



細胞をつなぐタイトジャンクションを強めるビタミンD

細胞と細胞は図に示すように、
密着結合、粘着結合など、いくつかの種類の形態でつながっています。

212.jpg
(図出典:LS-EDI


このうちの密着結合(タイトジャンクション)によって
細胞と細胞の隙間は狭められて、
体の中で余計な物質が通り抜けないように制御されています。

しかし、例えば、腸の粘膜上皮細胞において、
タイトジャンクションがゆるくなっていると、
食べたものが未消化のまま腸壁を通り抜けて肝臓に負担がかかっちゃう。
いわゆるリーキーガットの状態です。


このタイトジャンクションの材料は
カドヘリンというタンパク質なんだそうですが、
ビタミンDは図の細胞の中心にある核()の中の受容体にくっついて
なんと、

カドヘリンを作ってくれる!╭( ・ㅂ・)و̑ グッ

いい仕事、してくれますのお。


この時期、
アレルギーの元になる物質をできるだけ体内に入れないように
粘膜強化のための
ビタミンA(にんじんとかほうれん草とか)、
ビタミンE(ブロッコリーとかアボカドとか)
とともに、
ビタミンDを努めてとりませう ( ー`дー´)キリッ.


そのほか、ビタミンDに関しては、

 ・花粉症・・・D不足
 ・今からでも遅くないビタミンD
 ・ガン にも パーキンソン病 にもビタミンDを

なんてあたりで書いてます。




ランキングに参加しています。
↓1日1回ポチ、ポチッ。 ありがとうございます✨ ヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

| ビタミンルーム | 10:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


Posted by ぶりこる

  夫と娘(小学生)の3人暮らし。
  娘のアレルギー改善と自分の身体治しのために、いろいろ試してきた結果
  現在、分子栄養学とバイオレゾナンス実践中。
  
  時々あせる(;・∀・)。でも、
  ゆっくりだけど、よくなっていくのを楽しめるまで回復してる o(゚ー゚*o)
  みんな一緒に元気になろう♪

  ただいま、栄養・バイオレゾナンス関連の過去記事を少しずつ
  ビタラボに移行中(○・ⅴ・/)
 
 Link
   ・ビタラボ
   ・分子栄養学実践講座
   ・日本ホロス臨床医療機構

** ついでのお買い物 **