PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カビ・ダニ退治なら、今。

朝晩の気温差がはっきりと感じられる今日この頃。

こうなってくると、気になるのが、
ダニ&カビ。

夏に繁殖したダニ君たちは、
気温の低下に伴ってお亡くなりになっていきます。

だから、増えるのがその死骸。

ええ、
立派なアレルゲン♪(;д;)

そして、台風の多いこの時期。
湿気と気温のバランスで、
梅雨時期のような状態になることもしばしば。

とくに今年は、
9月になってから随分と雨が多い・・・。

ええ、
秋カビが生える〜♪(;д;)

ってなわけで、
晴れ間を有効利用して、大掃除。

でも、一度にはできないので、
合間合間に少しずつ。



昨日は、カラッと晴れてくれたので、
気になっていた食器棚の引き出しをはずして、アルコール消毒!

DSCN9015.jpg

なんて、朝にしていたら、
うっかり10時からだった足もみのワークショップ
不覚にも遅刻

月一回で、楽しみにしていた筈なのに・・・

まあ、15分過ぎたところで、主催のタナさんがお電話くださって
大急ぎで出かけたのでした。
タナさん、ありがとうございます〜。


今日は雨。
そして、明後日、明々後日と台風で雨の予報。

予報通りなら、明日は一日晴れる筈。
10月はなんやかんやと行事がいっぱい。
11月に入ると寒くなってきて、
水を使い、換気しながらの掃除も次第に億劫に。

なので、
この時期の貴重な晴れ間は有効に。

頑張るぞ〜、オウ!(できる範囲でね


ランキングに参加しています。
↓クリックが励みになりますヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

**過去記事 (ランダム表示)**




| Health and..... | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野菜はどれぐらい食べたらいい?

厚生労働省が「健康日本21」を通じて推奨している
成人1日あたりの野菜摂取量の目標値は、
350g以上

でね、糖尿病改善のための書籍を読んでいて見つけたのが、
一食あたり300g以上の野菜を食べる!

という記述。
たくさんの野菜を、食事のはじめに食べることを実践して
実際に血糖値やヘモグロビンA1cの値が、
下がったという実例ですが、

さて、300gって
実際にお皿にのっけるとどれぐらいになるんだろう?
と思ったので、今朝のご飯の時に測って見ました。

DSCN8973.jpg

白い丸いお皿に乗っかっている
梨と野菜の全量で305g。
ほぼ300gね。

炭水化物を減らす分、全体のエネルギーが不足しちゃうから、
野菜類かお肉類で補わないと考えれば当然なのだけれど、

病態によって、
「とあるものを通常よりずっと多くとる」
というのは
栄養療法におけるサプリメントもそうだね、
と思ったのでした。

もちろん、サプリメントは効率の道具であって、
栄養素を補うにはもっともっと高容量だし、
この場合のたくさんの野菜は、
血糖値の上昇を抑えながら、物理的にもお腹を満たすためであって
ちょっと違うけど

糖尿病の義母に、
できるだけ毎食これぐらいの量の野菜を(できればもっと)
とるように勧めてみようと思っているところ。

血液データは改善なるか?!
乞うご期待。


ランキングに参加しています。
↓クリックが励みになりますヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

**過去記事 (ランダム表示)**




| ビタミンルーム | 12:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

乳酸菌の効果。その後+ケルセチン。

乳酸菌をロイテリ菌からコンプリート・バイオティック(パウダー)にしてから、
すでに2月が経過。

これまでの腸内フローラとカンジダへの効果のほどを
はじめから経過を追って整理してみます。

試したものは、これら↓

DSCN8962.jpg


6月中旬〜 ロイテリ菌

おっとうとヒナ助に、カンジダのダイオフ的症状現る(乳酸菌の効果)。
が、イマイチ効果があまりよくわからない。
バイオレゾナンスのチェックでは、
腸内フローラもカンジダの状態も変化なし乳酸菌を変えてみたら)。



7月中旬〜 コンプリート・バイオティック

お便りの回数と色に変化あり(乳酸菌を変えてみたら)。
その後すぐにしてみたバイオレゾナンスのチェックでは、
腸内フローラは改善あり。カンジダは変化なし。



7月末〜 コンプリート・バイオティック+ABxサポート

ABxサポート(クレア・ラボ)は、
「カンジダ・アルビカンス・バイオフィルム形成の抑制、
腟ディスバイオシスに対するサポート機能が期待されています」

との説明ありで、
摂り始める前にレゾナンスでチェックしたら、わたしのお腹には
かなり良さげな感じ。
期待大!
が、残念ながらあまり効果が感じられず、
摂り始めて約2週間後のレゾナンスチェックでは、
腸内フローラO.K.。カンジダは変化なし。



8月中旬〜
コンプリート・バイオティック+ケルセチン
開始から1週間ほどで
「なんかよいかも?」
ということで、測ってみたら
腸内フローラO.K.。カンジダも改善!


ということで、
私の場合、今のところ、この組み合わせで落ち着いています。

ケルセチンの推奨される摂り方は
3粒/回を1日1〜2回となっています。

でも、私の場合、
最初の1週間ほどは2粒/回を1日2回とりましたが、
改善が見られた後は、

「なんとなくあやしい・・・」

と感じた時に2粒を1〜2回とって様子をみる
という程度で、ゆる〜く継続しています。
今のところ、それでO.K.。

コンプリート・バイオティックは始め2週間ぐらいは
豆乳ヨーグルトに混ぜてとってましたが、
推奨量を普通に家族でとると、コスト的にキツイので
その後、
豆乳に入れてウォーマーで温めてヨーグルトにしてとってます。
(するのは自己責任で〜)

DSCN8963.jpg

継続には、これで大丈夫な感じ。

かなり少ないパウダー量でもヨーグルトはできますが、
量に比例して効果は変わる感じなので、
入れる量は状態に応じて増やしたり、減らしたり。


ちなみに、
クレア・ラボ社の製品の購入にはドクターの紹介(ID番号)が必要です。
相談できる医師(あるいは歯科医師・薬剤師・栄養士など健康のプロフェッショナル)
がいなければ、クレア・ラボ社に問い合わせると
近くのお医者さんを紹介してくれるハズ。


お腹の調子は良好に〜+゚。*(*´∀`*)*。゚+


ランキングに参加しています。
↓クリックが励みになりますヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

**過去記事 (ランダム表示)**




| ビタミンルーム | 11:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT