PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

石けん vs 合成界面活性剤

ここ1年程の間にいくつかの石けんシャンプーを使ってみましたが、
なかなか満足できるものにはまだ出会っていません。
どうにもやっぱり、洗っている最中のぎしぎし感と
かわいたあとのバサバサ感があまり心地よくありません。
「なんかな、アミノ酸系シャンプー、つっかいたいなあ~」
という欲望がムクムクと。

って、石けんシャンプーはなぜよいんだっけ?
ん~、実は、よくわかってない・・・ゾ。

ということでちょっと調べてみました。
が、以下云々を読むのはめんどい~、という人は、飛ばしてね


現在日本で使用されている代表的な界面活性剤6種↓

石けん:脂肪酸ナトリウムor脂肪酸カリウム(陰イオン界面活性剤)
LAS:直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩(陰イオン界面活性剤:石油原料)
AS:高級アルコール硫酸エステル塩(陰イオン界面活性剤)
AES:ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩(陰イオン界面活性剤)
AOS:α-オレフィンスルホン酸塩(陰イオン界面活性剤:石油原料)
AE:ポリオキシエチレンアルキルエーテル(非イオン界面活性剤)


に関しては、これらを人間が摂取した場合の毒性
(急性毒性、慢性毒性、発ガン・発ガン補助性、催奇形性、人体蓄積性、皮膚障害)
は実生活面ではどれも問題になるほどではないようです。
(どれぐらいの違いがあるかは「洗剤の安全性と環境問題」をご覧あれ)
しかし、チリも積もれば山となるわけで、
やはり一番毒性が低いものを選びたい。
なので「石けん」がよいということになるわけですね。

加えて、
1.石けんは薄まれば界面活性を失うので、すすいだ後の肌の上や、
  薄まった排水の中では、もはや界面活性剤ではない。(石鹸百科
 (石けん以外の界面活性剤は薄まっても、界面活性がある)
2.生分解速度が速い。(他の界面活性剤でも同程度のものあり)

これらのことを考え合わせれば、やっぱり、石けんに軍配があがります。

ただし、石けんにも弱点があります。
それは、排水に流れる有機物量(石けんかす)が合成洗剤より多くなること。
有機物の排出による水質の悪化を考えれば、合成洗剤の方が良いようです



っちゅうことは、どうしろと?
ん~-----

「石けんをベースとしつつ、排出有機物量が少なくなるように
石けんかすができにくい安全・生分解性のよい界面活性剤が少量
混ざった複合石けんを使う」

のがええんでないかい?
とりあえず我が家ではこの方針でいってみようっと。
その方が、使い勝手の良いものに出会えそうな気が

ちなみに、毒性が低く、生分解性のよい石けんかす分散剤としては
脂肪酸アルカノールアミド DA, AZ
アルファスルフォ脂肪酸エステルナトリウム ASF, TMS

というものがあるらしいです。

そしてそして、
シャンプーでなくて、台所用洗剤などであれば、
洗剤を使用する状況を減らす(食べ物の油脂類を減らす)
というのが、体にも環境にもやさしいということになるのでしょうね。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 健康ブログ セルフケアへにほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
ポチッとしてくれてありがとう(´∀`*)
こちらの方も押していただけると嬉しいです。



and,
姉妹サイトのご案内。
ぶりこる目線の体にやさしい市販のおやつ。
ゆっくり更新ですが、もしよかったら、時々のぞいてみてねヾ(*'∀`*)ノ ↓





** 同じカテゴリの記事(ランダム表示)**



ご訪問ありがとうございます


| 暮らしと環境のこと | 11:19 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/04/30 22:08 | |

とうこママさんへ

私も洗濯用には、洗濯石けんは放棄して「バジャ◯」を使ってみたり「スピ◯ココ」をつかってみたりしてますi-202
このままでは、浴用も石けんから脱落しそうだったので、ちょっと考えてみたくて文章にしました。自分なりに整理して書いてみたら、この通り(記事、文章少し直しました)。
私の場合、やりはじめると、ちょっと意地になる傾向があるのでi-229・・・もちょっと、石けん系で合うものを探してみようと思ってますが、でも、石けんにこだわる必要はないと思ってますよ~。それよりも使用量に気をつける方が大事かと(^^)。」

ポチありがとうございました。
明日から連休ですね、よい休日を。

| ぶりこる | 2010/04/30 15:01 | URL |

私は石鹸生活主体から脱退してしまいました(涙)
日常の大した汚れでなければセスキで充分なんでしょうけど・・なかなかそれが実行できず、石鹸洗濯は匂いが気になって・・どんなに泡立ててもすすいでも、クエン酸いれても匂いが気になるし、石鹸のいい部分が引き出せなくって。
こんなにストレスをためるのなら、と匙をなげちゃった。
石鹸シャンプーは妊娠前から初めて使い続けていたら・・・肌が過敏になりすぎて・・・皮膚科の薬でリセットしてメ○ットにしたら治まりました(涙)

もっと肌にあうものを探せばいいんでしょうけどね~。
家の掃除くらいに使うくらいが私にはあっているようです・・・。

ポチしていきますね~。

| とうこmama | 2010/04/29 23:05 | URL |

はーちゃん、コメント早っ(笑)。
石けんシャンプー用のリンスってクエン酸系のがいっぱいあるよね。基本、どこのメーカーのをあわせてもよいみたいよ。
でも、ギシギシは石けんかすの問題が大みたいだから、リンス使うより軟水を使うのが一番よいみたいだけど(^^)。

| ぶりこる | 2010/04/28 23:25 | URL |

すごい!研究熱心ですね!!
私も、石けんシャンプー使ってたことあります。
ギシギシしちゃいますよね。泡があまりたたないし・・・
酢でリンスをしたらいいって聞いたけど、匂いが(^^ゞ

今は、我が家ではミキプルーンを食べてるので、ついでにシャンプーもそこで買ってます。
これも、泡が立たないんだけど・・・シャンプーはギシギシだけど・・・リンスがついてるのぉ!!

で、思ったんだけど、石けんシャンプーに合うリンスってないのかなぁ。

| はーちゃん | 2010/04/28 23:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://arquihis.blog.fc2.com/tb.php/76-230a67aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT