野田琺瑯の保存容器はやっぱり嬉しい。

2018年07月14日
0
0
マイ・セレクト
いつも家で梅干しを漬けるのに、
10Lのホーローの保存容器をいくつか買って使っていました。

昔の記事に写ってる、これこれ、こんなの(→今年の梅2011
なっつかしい〜(笑)


漬けた梅の保存もこの容器にしていたのだけど、
奈良に行っていた2年の間、
家に置いて保存していた梅が、
帰ってきてみたら、

???

梅酢部分がなんかゼリー状に固まってる。

で、
容器の縁の金属部分が部分的に錆びて
琺瑯との境い目の部分がところどころはがれてる?

食べるのを楽しみにしていたのに
これはちょっと怖し。
レヨコンプで波動のチェックもして見ましたが、
重金属の反応あり・・・。

仕方なし、泣く泣く容器にたくさん残っていた美味しそうな梅干しを捨てたのでした。
無農薬の梅だったのに〜(;д;)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんて、話を自然や あかりの澤田さんにしていたら、
ありがたいことに、
澤田さんが漬けていた小梅を持ってきてくれました。

でね、その時に一緒にくださったのが、

野田琺瑯の保存容器。

DSCN8569.jpg

ちょっとおしゃれなブログでよくみかけるので、
自分で買うのはなんとなーく気が引けていたもの。
(妙なところであまのじゃく(´∀`*;)ゞ)


でも、やっぱり、とっても嬉しい(*´~`*)

大きな琺瑯容器を買うときも、
次は野田琺瑯にしよう!




と思ったのでした。

澤田さん、梅干しもタッパーもありがとうございました(´ω`人)




 ↓ヾ(o´∀`o)ノ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

ぶりこる
Posted by ぶりこる
夫と娘(小学生)の3人暮らし。
娘のアレルギー改善と自分の身体治しのために、模索しながらいろいろ試してきた結果の現地点(^^;)↓

 ・臨床分子栄養医学研究会 認定カウンセラー
 ・日本ホロス臨床医療機構 バイオレゾナンス振動測定士
 ・環境アレルギーアドバイザー
 ・整理収納アドバイザー(1級)

ちなみに、このブログのはじまりは、*ココ からでした。

Link
 分子栄養学実践講座
 日本ホロス臨床医療機構

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
É bom(エボン)!はポルトガル語で「いいね!」の意。

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply