PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「炎症+生かつお」が興奮を引き起こした理由

4月のはじめに、飛行機で大阪へ往復した際に起こした中耳炎。
それは ほどなくして良くなりました。

が、中耳炎がもとで発症した副鼻腔炎と上咽頭炎を
未だに引きずっております・・・(*-_-*)

当初1〜2日置きに通院していたのが、
3週間前にようやく週1になったと思ったのに、

またもや悪化!

先週からまた2日おきに通院中。
やれやれ。

と、こーんな状況なんですが、
昨日の夕飯時、いつもは

「ごはんを食べるときはテレビを消そうね」

といってるおっとうが、
ヒナ助が消してもいいよ、というにもかかわらず(←これ、キー)
テレビをつけて楽天の試合を見ながら食べておりました。
(ヒナ助は楽天ファン)

おっかあは野球に興味なし。
おまけに、テレビはおっかあの背後。

二人が、
「お、点数入った」「やったー、三振」
などといいながら食べる間に、
一人黙ってモクモク食べる。

ってね、食べてる間になんだかムカムカしてきましたの。
胃袋じゃなくって、メンタルが。
よい子のヒナ助は消してもいいよと言ったにもかかわらず、

おっとうが見たくてつけてるんじゃんっ!
いつも人に注意してるのにっ!
おっかあ一人、仲間はずれじゃんっ!!

んで、ほぼ食べ終わる頃に、
「じゃあ、ヒナ助テレビ消そうか」「うん!」
となりまして、そこから

「ところで、おっかあ」(byおっとう)

となったところで、パッツーン。

「なにっ。(`Д´*)怒」

それから10分ぐらいは、なんだかイライラが治りませんでした。
いつもは温厚な私(のハズ)。
この程度で、なぜ?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨夜のうちのごはんのおかずは、かつおのお刺身。

かつお刺身

カツオと言ったら、
幸せホルモンといわれるセロトニンを作る材料の「トリプトファン」がいっぱい。

その含有量たるや、
魚介類の中ではマグロと並んでトップクラスで、可食部100g中、300mg。
トリプトファンが多いことで知られる鶏胸肉の220mg/100gをはるかに超えてます。
しかもお刺身だとトリプトファンは加熱による減少もなし。

で、このトリプトファン、
通常なら、セロトニンを作ってくださって

「おいし〜い、しあわせ〜♡」

家族団欒、仲良し、仲良し
の筈なのですが、
体のどこかに炎症があると(現在、ばっちり副鼻腔炎と上咽頭炎!)、
トリプトファンから作られるのは神経毒のキヌレニン酸、キノリン酸オンリーに。

キヌレニン酸、キノレン酸が過剰だと興奮、ウツなどの症状がでるとか。

もともと、
トリプトファンの代謝経路としては両方が存在していて、
セロトニンが作られる方は比較するとかなり少ないのだけれど、
それがまったく阻害されて
拍車がかかるって、おそろしいわ〜(体感)。

イライラしやすいと感じる方、
体のどこかに炎症が隠れているかもしれませんよおー。

ちなみに、
キヌレニン酸、キノリン酸はマグネシウムやビタミンB6などの補酵素が十分だと
活性型のナイアシンに変換されて、めでたし、めでたし。

なのですが、
マグネシウムもビタミンB6も、自分に不足しているのがわかってますから(T▽T)
腸内改善が必要なわけですわ・・・。


ランキングに参加しています。
↓クリックが励みになりますヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

**過去記事 (ランダム表示)**




| ビタミンルーム | 17:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://arquihis.blog.fc2.com/tb.php/615-961bd8fe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT