PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

暮らしの理想の「型」

このところ、毎日暑い日が続いていますね。

って、全国的ではないか。
仙台以北は涼しいものね(-∀-)。

「あっつい〜。仙台戻りた〜い。」

とヒナ助さんが騒いでおります。
でも、ホント、あつっ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このひと月、更新ペースがの〜んびりになっていますが、
う〜ん、気になることがイロイロあってね。
調べていたりすると、あっという間に時間が経ってしまう・・・。

家事もそこそこ、ようやっと、なんとかかんとか毎日がまわっとります。
「気になること」があると、
どうにも とらわれる習性。

バランス悪っ( ̄▽ ̄;)

もともと
家事仕事が好きなわけでも得意なわけでもなく、
(って、あんまりその事実を認めたくなくてあがいていたけど、
そうなんだよね、認めちゃおう、うん。)

ただ、
毎日を元気につつがなく過ごすためには
やらなくちゃいけないことがイロイロあるわけで、
そこをねえ、もうちょっとなんとか、
できるだけシンプルで簡単にしたいわけですよ。

なんて思っていた矢先、
(イエ、常々思ってることだけど)

おおっ、すごい! (゚д゚)

という本を見つけました。
これ。

  

著者は、中山あいこさん。

暮らしの「型」ができていて、
それが繰り返される日々。
思っていても、
なかなかこの域に到達できないのよ〜(//>ω<)

とちょっとヘコみつつ、
でも、思ったの。

日々の暮らしって、
華道とか、茶道とか、合気道とか、
なにか「○○道」とつくものと一緒かも。

理想とする暮らしの「型」があって、
それに向かって日々実践することに意義がある。

理想の「型」は人それぞれで、
その人の置かれた状況や暮らす場所によって大分異なってくるに違いなく、
自分にあった「型」を確立できたら、
暮らしはずっと快適になるんだろうなあ。

生きてる限り、みんな求道者。

五感を使って、
自分の理想を探りつつ、
一歩一歩、実践しながら進んでいこか

な〜んてね。


ランキングに参加しています。
↓クリックが励みになりますヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

**過去記事 (ランダム表示)**




| 2016・17年 /【8〜9才】 | 10:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

癌ダムさん

何を思い描いて、どんな風に生きているか、生きてきたか、
誰かに聞いてみる機会、そしてそれに面と向かって答えてもらえる機会なんて、
なかなか得難いこと。
ありがとうございますm(_.._)m
癌ダムさんに聞いてみてよかった(^^)

長期的視野で目標・目的をもって物事を考えること。
小さな頃も、学生の頃も、仕事をしていても
それは段階を追って益々いつも求められるようになり、
でもワタシはうまく将来を想像できなくて、
それに向かって計画を立てて物事を進めることが苦手で、
だから、尚更そのことにこだわって自分を縛ってきた気がします。

そして、自分の等身大の延長上でうまく想像できないからこそ、
目的はなんだか壮大なものに(笑)
まあ、なんて素直なおバカさん。

もっと自分自身の好き嫌いの感情に目を向けて
数年単位の小さな目標を設定してチャレンジするのでいいんじゃないかと
癌ダムさんからの一つ目のコメントを読んだあとにふと思ったのでした。
クリアする目標がないと、なんだかやりがいもなくて毎日がつまらない。
目標が遠すぎると、しばしば疲れてイヤになる。
気張らず楽しくできること。
その小さな目的が、壮大な目的(笑)から大きく外れさえしなければいい。
つまりそれって、自分としてどうなの?と思うようなものでなければいい。

うん、それでいいや♪

| ぶりこる | 2016/07/11 18:10 | URL |

僕は、超が付く現実主義者ですから
夢や理想の生きる目的は語れませんが
その代わり、頑張れば実現できる目標」は設定して
自分なりに頑張って生きてきました。

たとえば、僕は広告関係のクリエーターでしたから
日本一の広告賞を取る事
担当した商品が、ベストセラーになる事
僕の作った、商品や街の名前が、長く残る事

もちろん、これでもヒトの親ですから(苦笑)
成人するまで責任を持って育てる事。
出来ればモノではなく、心に宝物を持たせてやる事
自分で未来を切り開く実力、生きていく術を育ててやる事。

そして、やんちゃな夢も含めて
やりたい事は、全部やって、
織田信長じゃないけど、人生50年とうそぶいて
笑って往けること・・・なんて、思っていたら

58歳で、ステージⅣのがんになって、
残りの命の、不確実なカウントダウンが始まったので
現在は、5ヵ年計画

つまり、10年は生きられないけど、
5年なら出来そうなテーマを見つけて、
人生の目標にしています。

その一つが、喉頭がん患者さんの役に立つ情報提供。
これはこのブログの、最初の5年間のテーマですね。

次に、嚥下障害対応の「美味しい」メニューの工夫。
これが今のテーマかな?

考えてみれば、ろくなことをして生きてこなかったので
一つくらい、まともな、誰かの役に立つことをしないと
気持ちよく、あの世に行けない気がして
毎日ブログを書いている次第です。

そうした意味では、
アレルギーについて語る ぶりこるさんと同じですね。
いつ死んでも良い僕と違って、頭の下がる思いです。

ですから、あえて言いますが
人生、50歳までに、
やりたいことは全部やっておくべきだと、僕は思います。

子育てが終わってから、とか、定年退職後と言ったって
青春が取り戻せる訳では決してなく、空しいだけ。
60過ぎたら、もう十分生きた・・・と言える自分でありたい
というのが、僕なりの答えでしょうか?

長くなりました。スミマセン
何かのヒントになれば幸いです。

| 癌ダム4G | 2016/07/10 05:08 | URL |

癌ダムさん、
ごめんなさい、だなんて、とんでもない!

上位概念の生きる目的ありき、その通りだと思ってます。
‘理想の「型」は人それぞれで、
その人の置かれた状況や暮らす場所によって大分異なってくるに違いなく’
って書いた中には、癌ダムさんのおっしゃることが包含されていると
お考えくださいませ。
舌足らずで誤解される文章でしたね。
補完して下さってありがとうございます*^-^*
生き方(生きる目的)と暮らし方は不可分だと思っています。

なので、人の数だけ道もある。
自分の道を極めていく(?)上で参考になる暮らし方、
憧れる暮らし方はあっても、そっくりそのまま自分に合うわけじゃない。

癌ダムさんからのコメントを読んで、
さらにね、

自分が無理なくできて、うん、まあ、これでイイと思える
「落としどころ」を知る。
そしてそれを増やしていくことが
自分の快適スタイルを作っていくということなのかなあ、

なんて思いました。
考えを深めるきっかけをくださって、ありがとうございます(^^)

ん〜、
でも わたしの生きる目的ってなんじゃろ?
癌ダムさんは?

ヒナ助に「おっかあの将来の夢って何?」(こどもって無邪気^^)
と聞かれる度に、
「魔法使い〜♪」
とごまかしているワタクシです(笑)

| ぶりこる | 2016/07/08 11:41 | URL |

僕なんかが、最初ん書いちゃいけないんでしょうが
理想の社会創りとか
理想の体型造りとか
オリンピックに出るためとか
10年後に、理想の地に理想の家を建てるとか

暮らしって、そうした目的に向かって
(もしくは寄り添って)
スタイルが変わってくると思うんですね。

心の平穏を願う暮らしもあれば
家族の健康を良しとする暮らしもあって
仕事と家事の両立とか
舵を減らして趣味の時間を増やしたいとか

そうした「理想」に応じて、
暮らし方の理想も変わるはず。

などと考えて行くと
理想の暮らしって、上位概念の生きる目的がないと
意味がないのかな?

などと考えてしまいました(ごめんなさい)

でも、理想の暮らしを考える上で
大事な話だと思います。

理想のスタイル、見つかるといいですね。
失礼いたしました。

| 癌ダム4G | 2016/07/07 11:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://arquihis.blog.fc2.com/tb.php/575-e41f48f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT