給食弁当用の米粉蒸しパン

2016年06月03日
0
0
お弁当
ヒナ助さんの今日の給食弁当はこれ。

20160603お弁当

かぼちゃのポタージュスープに、ウィンナーに、パン。
とくれば、
う〜ん、今日は子どもたちが喜びそうなメニューの給食の日。

毎週水曜と金曜はパンの日。

引っ越してくる前は、ゆがふパンに助けられていたのですが、
奈良に来てからは、今ひとつ「これなら!」というパンに出会えず。
一口に国産小麦、天然酵母のパンといっても、作り手さんで全然違うのね。

ゆがふパンはゆがふちゃんのお子さんがアトピーで
そのお子さんのためにということで作り始められたパンだからかな、
パンがね、
うまく表現できないけど、やさしいのよ。

今は数値として、小麦のアレルギーは出てないんだけど、
やっぱり気をつけて休み休み食べないと
かゆみがでたり、湿疹ができたりするヒナ助さんにも、
安心して食べさせられる。
(続けての食べ過ぎはもちろんNGだけど)

おいしくって、やさしい。やさしくって、おいしい。

ということで、
ゆがふパンが手に入らない今、
ヒナ助さんのお弁当パンは家で作る米粉パンが主体。

だけど、
いつもHBでつくる食パンタイプばかりではつまらないので、
週2回のうち、1回は蒸しパンにしようかと。
そのうち違うタイプの型をいくつか用意したら、きっと楽しいね。

本日は、よもぎと甘納豆の米粉蒸しパンなり。
ちょっと大きく作り過ぎたかも (´∀`; )



 ↓ヾ(o´∀`o)ノ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

ぶりこる
Posted by ぶりこる
夫と娘(小学生)の3人暮らし。
娘のアレルギー改善と自分の身体治しのために、模索しながらいろいろ試してきた結果の現地点(^^;)↓

 ・臨床分子栄養医学研究会 認定カウンセラー
 ・日本ホロス臨床医療機構 バイオレゾナンス振動測定士
 ・環境アレルギーアドバイザー
 ・整理収納アドバイザー(1級)

ちなみに、このブログのはじまりは、*ココ からでした。

Link
 分子栄養学実践講座
 日本ホロス臨床医療機構

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
É bom(エボン)!はポルトガル語で「いいね!」の意。

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply