| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

野菜はどれぐらい食べたらいい?

厚生労働省が「健康日本21」を通じて推奨している
成人1日あたりの野菜摂取量の目標値は、
350g以上

でね、糖尿病改善のための書籍を読んでいて見つけたのが、
一食あたり300g以上の野菜を食べる!

という記述。
たくさんの野菜を、食事のはじめに食べることを実践して
実際に血糖値やヘモグロビンA1cの値が、
下がったという実例ですが、

さて、300gって
実際にお皿にのっけるとどれぐらいになるんだろう?
と思ったので、今朝のご飯の時に測って見ました。

DSCN8973.jpg

白い丸いお皿に乗っかっている
梨と野菜の全量で305g。
ほぼ300gね。

炭水化物を減らす分、全体のエネルギーが不足しちゃうから、
野菜類かお肉類で補わないと考えれば当然なのだけれど、

病態によって、
「とあるものを通常よりずっと多くとる」
というのは
栄養療法におけるサプリメントもそうだね、
と思ったのでした。

もちろん、サプリメントは効率の道具であって、
栄養素を補うにはもっともっと高容量だし、
この場合のたくさんの野菜は、
血糖値の上昇を抑えながら、物理的にもお腹を満たすためであって
ちょっと違うけど

糖尿病の義母に、
できるだけ毎食これぐらいの量の野菜を(できればもっと)
とるように勧めてみようと思っているところ。

血液データは改善なるか?!
乞うご期待。


ランキングに参加しています。
↓クリックが励みになりますヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

**過去記事 (ランダム表示)**




| ビタミンルーム | 12:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

乳酸菌の効果。その後+ケルセチン。

乳酸菌をロイテリ菌からコンプリート・バイオティック(パウダー)にしてから、
すでに2月が経過。

これまでの腸内フローラとカンジダへの効果のほどを
はじめから経過を追って整理してみます。

試したものは、これら↓

DSCN8962.jpg


6月中旬〜 ロイテリ菌

おっとうとヒナ助に、カンジダのダイオフ的症状現る(乳酸菌の効果)。
が、イマイチ効果があまりよくわからない。
バイオレゾナンスのチェックでは、
腸内フローラもカンジダの状態も変化なし乳酸菌を変えてみたら)。



7月中旬〜 コンプリート・バイオティック

お便りの回数と色に変化あり(乳酸菌を変えてみたら)。
その後すぐにしてみたバイオレゾナンスのチェックでは、
腸内フローラは改善あり。カンジダは変化なし。



7月末〜 コンプリート・バイオティック+ABxサポート

ABxサポート(クレア・ラボ)は、
「カンジダ・アルビカンス・バイオフィルム形成の抑制、
腟ディスバイオシスに対するサポート機能が期待されています」

との説明ありで、
摂り始める前にレゾナンスでチェックしたら、わたしのお腹には
かなり良さげな感じ。
期待大!
が、残念ながらあまり効果が感じられず、
摂り始めて約2週間後のレゾナンスチェックでは、
腸内フローラO.K.。カンジダは変化なし。



8月中旬〜
コンプリート・バイオティック+ケルセチン
開始から1週間ほどで
「なんかよいかも?」
ということで、測ってみたら
腸内フローラO.K.。カンジダも改善!


ということで、
私の場合、今のところ、この組み合わせで落ち着いています。

ケルセチンの推奨される摂り方は
3粒/回を1日1〜2回となっています。

でも、私の場合、
最初の1週間ほどは2粒/回を1日2回とりましたが、
改善が見られた後は、

「なんとなくあやしい・・・」

と感じた時に2粒を1〜2回とって様子をみる
という程度で、ゆる〜く継続しています。
今のところ、それでO.K.。

コンプリート・バイオティックは始め2週間ぐらいは
豆乳ヨーグルトに混ぜてとってましたが、
推奨量を普通に家族でとると、コスト的にキツイので
その後、
豆乳に入れてウォーマーで温めてヨーグルトにしてとってます。
(するのは自己責任で〜)

DSCN8963.jpg

継続には、これで大丈夫な感じ。

かなり少ないパウダー量でもヨーグルトはできますが、
量に比例して効果は変わる感じなので、
入れる量は状態に応じて増やしたり、減らしたり。


ちなみに、
クレア・ラボ社の製品の購入にはドクターの紹介(ID番号)が必要です。
相談できる医師(あるいは歯科医師・薬剤師・栄養士など健康のプロフェッショナル)
がいなければ、クレア・ラボ社に問い合わせると
近くのお医者さんを紹介してくれるハズ。


お腹の調子は良好に〜+゚。*(*´∀`*)*。゚+


ランキングに参加しています。
↓クリックが励みになりますヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

**過去記事 (ランダム表示)**




| ビタミンルーム | 11:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大事なのは・・・①それぞれにあった栄養

本格的な鮭と秋刀魚のシーズン。

朝から秋刀魚のつみれ汁をおかわりして

「おなか、いっぱい・・・。」

といいながら登校するヒナ助さん。
そりゃあ、これにプラスで、ご飯1膳とおかわりの汁。

DSCN8946.jpg

そりゃあ、十分でないかい?

でも、
普通に毎日ごはんが食べられるって、
ありがたいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「人間は栄養従属生物である」

分子栄養学の前提。
人は栄養がないと生きられない。

みんな当たり前にわかっているようで、
実は分かってないかも。

自分の体が不具合なく機能してくれるために必要な栄養を
必要とする分、
毎日の食事からとれてますか〜?

私は、分子栄養学を学ぶまで
自分や家族の体が何をどれだけ必要としているか
きちんと考えたことはなかったです。

というか、

自分や家族が何をどう食べたら良いか、
ジャストフィットする食べ方を
ずっと知りたいと思っていたけど、
知る術が分からなかった


ただ、一般的な事柄で

・毎日、できるだけいろんな種類のものを食べる
・野菜を多くとる(肉・魚の3倍以上)
・単純糖質は避ける
・添加物や体に害になるようなものは、できるだけとらない
・脂質はω6よりω3を

など、
細かく言うと、もっとたくさん(´∀`*;)ゞ
気をつけてました。

さらに、自分の疾患に絡んでは、
家族の食の基本ラインとは別に、

ゲルソン療法、ゆるマクロビ、ゆるベジ、玄米菜食
肉食、ケトン食、一日1〜2食・・・。

8年にわたり、色々試してきて、
その都度体調は、よかったり、悪かったり。
でも全体的に見ると、緩やかに悪化してきてた


どの食べ方も、一理あり。
でも、
自分の体に合わなければ不調改善にはつながらない


今の自分の体に

何が必要で、
何をどう是正していったら良いか、

血液検査や、毛髪ミネラル検査などから推測できるようになって
体はずいぶん楽になり、
だいぶ普通に家事仕事ができるようになってきました p(*^-^*)q

一時期は歩くことすら しんどくなっていたのが、
今は、階段をかけあがることができる。
ブログも、こうやって飛び飛びだけど書けてますもん。

ということで、
不調を抱え、何を食べたらいいか、何を食べない方がいいか
私にアドバイスを求める人に、

いえ、
アドバイスを求めなくとも不調を抱える人に
声を大にして言いたいのが

今の自分にあった食べもの(栄養)、食べ方が、めっちゃ大事!

で、きちんと必要なものを体に送り届け、
不必要なものを体から出すことができたら、
体調はきっとよくなっていきます。

ここひと月の間、
何気に栄養の、食べ物の相談を受ける機会が多々ありまして、
その度に、悶々としていましたの。

栄養は大事
(そして、エネルギーも大事よ。それはまたあとで。)

できたら、すべての人に、
自分や家族の健康を維持するために知っていてほしい↓

分子栄養学実践講座

特に、私の周囲の不調を抱える人に。
でも東北から東京へ通って受講するのは、よっぽどの人よね。
WEB版があるといっても、なかなか・・・。

いつの日か、仙台で受講できるようになるまで、
細々と

「大人の栄養塾」

と銘打って、勉強会でも開催しようかと検討中。
参加したい人はいるかな?


ランキングに参加しています。
↓クリックが励みになりますヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

**過去記事 (ランダム表示)**




| ビタミンルーム | 13:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT