| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

失敗なしの「ふっくら米粉」パン

給食用に焼く米粉パン。
焼き上がり〜。

DSCN8479.jpg DSCN8493.jpg

焼けたらすぐに食べたくて、
一生懸命扇子で仰いてみるものの(猛スピードで扇子が写らへん
そんなにすぐには冷めませんがな。


で、朝まで待って、切ったところ。

DSCN8506.jpg DSCN8510.jpg

コープ自然派奈良さんでとり扱ってくれていた
土佐れいほくの「ふっくら米粉」。

これで何度か作ってみていますが、

グルテンなし、添加物なし、技術なし
なのに、失敗ほぼなし!

いいです、これ(´∀`*)
裏に米粉パンレシピも書いてある。

DSCN8512.jpg DSCN8514.jpg

うちで作る分量割合は、掲載されているのとちょっぴり違うけど、それでも大丈夫。
多少違ってもイケますわよ、奥様。
つまり、誰が作ってもあんまり失敗しない、かと。

ストックが切れたらどこで買おう o( ̄ー ̄;)ゞううむ

あいコープ宮城さんで扱ってほしいなあ。
あいコープさん、いれてちょーだい(*´v`)




ランキングに参加しています。
↓クリックが励みになりますヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

**過去記事 (ランダム表示)**




| ごはん・粉もの・麺 | 08:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アサイーとイチジクの米粉パン(グルテンフリー)

最近、グルテンフリーパンのレシピを
あちこちのサイトで見かけるようになってきました。

うれしいわ

おかげで、我が家の米粉パン(グルテンフリー)も
すこ〜しずつ進化♪

4月ごろからかな、
材料にこんにゃく粉を混ぜるようにしたら、
冷めてもやわらか〜く、
ふわふわの食感のパンができるようになりました。

以前にも増して、ヒナ助さん、

米粉パン、LOVE
DSCN7585.jpg

今日の給食用(お弁当)パンは
玄米粉とアサイーを混ぜたイチジクの米粉パン。

粉全量400gのうち、
 アサイーパウダー 大さじ3
 玄米粉      40g

イチジクだけだと甘そうだけど、
パン生地にアサイーと玄米のほんわり香ばしさがでて
Good (*´∀`人 ♪

いえ、あのね、

しばらく前に買ったものの
使い切れずにいたアサイーパウダーを
なんとか使い切りたいがゆえの策だったんだけどね。

結果、オーライ(笑)


ランキングに参加しています。
↓クリックが励みになりますヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

**過去記事 (ランダム表示)**




| ごはん・粉もの・麺 | 09:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちらしずしの具

今日のヒナ助さんの給食メニュー、
おかずは「ちらしずし」の具。

 ちらしずしの具

家では頻繁には作らないけど、
でも、
ちらしずしはヒナ助さんの好きなメニューのひとつかも。

なので、今日の具の覚え書きメモ。

いつも作っている分量の覚え書きは名取の自宅においてきちゃったので、
それとは違うかもしれないんだけど(いつもより微妙に味がぼけてるような気も・・・
ヒナ助さんが朝から

「おかわり!」

しておりましたので、これでもよいのでせう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
材料(ごはん2合分):
にんじん        1/2本程度
干し椎茸        3〜4枚
かんぴょう       30cm×4〜5本分程度
高野豆腐        3枚
酢           大さじ2
酒           大さじ1
しょうゆ        大さじ1
羅漢果糖        小さじ1弱
しらす・ごま・のり   適宜

1. 干し椎茸、かんぴょう、高野豆腐はそれぞれ戻しておく。
2. かんぴょうは3cm程度、高野豆腐は短冊状に、にんじん、シイタケは千切りにする。
3. 鍋にしいたけの戻し汁としいたけ、かんぴょうとそれらが浸るように水を加え、
 蓋をして火にかける。
4. 沸騰したところで調味料を入れ、再び蓋をしてかんぴょうが柔らかくなるまで煮る。
5. 煮汁が半分ぐらいになったところで、人参と高野豆腐を加え混ぜ、再び蓋をして
 軽く人参に火が通るように蒸し煮する。
6. 人参がお好みの固さになるように火が通ったらふたをとって混ぜながら
  水分をとばして完了。火を止めたら味がなじむようにもう一度蓋をして冷ます。

具として食べるなら:
 蓋をして冷ましている間にじんわりと水分がでるので、
 一度冷めて味がなじんだところでもう一度火を入れて加熱し混ぜながら水分を飛ばし、
 好みで、しらす・ごま・のりを加える。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そのうち、ヒナ助さんも自分で作るかな(´∀`*)


ランキングに参加しています。
↓クリックが励みになりますヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

**過去記事 (ランダム表示)**




| ごはん・粉もの・麺 | 09:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT